結婚指輪とは?

結婚指輪と言えば、結婚した二人が結婚の証に左手の薬指につける指輪なのですが、なぜ左手なのか、薬指につけるのか、どうして結婚指輪というものが付けられるようになったのでしょうか?

結婚指輪にはどんな意味があるのでしょうか?結婚指輪の歴史をたどってみると、古くは古代ローマ時代の9世紀辺りからではないかという説が有力だそうです。

その当時、約束や決まり事を誓約する証に鉄の輪を用いていたそうなのですが、当時のローマ教皇がその鉄の輪と結婚の誓いとして使ったといわれているのです。

もう何百年も昔から続く、歴史ある習慣であるということなのですね。

日本で、夫婦になる男女が結婚指輪を交換する様になったのはおよそ50年前だそうです。

新郎新婦が結婚指輪を結婚式の際に交換するのは、夫婦としてこれからともに歩んでいく誓いをすることを形として表現しているものです。

指輪というのは、途切れの無い輪であり永遠に途切れることがない形をしています。

結婚した時から夫婦二人で指輪を常に身に付けることで、相手との夫婦であるという意識をもつことができます。

結婚指輪は二人の絆を深め、愛がいつまでも続くようにと祈りが込められているのですね。

そして、結婚指輪をはめる指といえば左手の薬指ですよね。

なぜ、左手の薬指に結婚指輪をはめる様になったのかといえば、それは、ギリシャ神話に関係していて、古代ギリシャでは心臓が人間の感情を左右すると考えられ、そして左手の薬指は心臓に繋がっているとされていたために、左手の薬指には感情的な大事な指と考えられていたということです。

結婚指輪のおすすめはコチラでチェック⇒結婚指輪ランキング~人気ブランド2015~